エステとサロンの種類について詳しく丁寧に解説するサイト『エステサロン入門』

●●●料金体系●●●

【会員制】

最初に入会金を払って会員になり、会員価格でエステを受けます。
会員は優先的に予約ができたり、化粧品の割引などの特典がある場合が多いです。
しかし入会金の他に、エステを受けなくても毎月の月謝や年会費がかかるところが多いので、
入会前に確認しましょう。

【チケット制】

電車やバスの回数券などと同じように、エステの施術のチケットを10枚綴りなどまとめて
購入し、エステを受けます。
一回あたりの施術料金は割安になりますが、チケットには有効期限があるところが多いので、
期限内に使い切らないと無駄になってしまいますので気をつけましょう。
期限切れのチケットは払い戻しも出来ませんので、枚数と有効期限に注意です。

【フリーパス制】

電車の定期券と同じよう、期間内に何回でもエステを受けられます。
回数に制限が無いためお得なイメージがありますが、実際には常に予約がいっぱいで予約が
とりにくい場合もあるので気をつけましょう。

【ビジター制】

会員制とは違い、施術を受ける時にだけ、毎回支払いをすることになります。
期限を気にしないでもよいため、自分の都合に合わせてサロンに行けるというメリットが
ありますが、割引などの会員特典がないというデメリットもあります。
いきなり高額な支払いが必要なチケット制やフリーパス制ではなく、ビジター制から始めて、
そこが気に入ったらチケット制、フリーパス制にするのもいいかもしれません。